セカンドパートナーの作り方(ネット・アプリ編)

性の話

コンドームメーカの相模ゴムが2018年に調査した結果によると(ニッポンのセックス2018年版 公式ページ)、

Q:結婚相手/交際相手以外にセックスする相手はいますか?
との質問に対して、「いる」と答えた人に対して、

Q:その相手とはどこで、どんなきっかけで出会いましたか?
との質問に対し、

同じ会社  22.9%
友人    14.7%
友人の紹介 11.8%
同じ学校  10.8%
という結果でした。

また、SNS(7.3%)、ソーシャルゲーム(1.1%)、出会い系サイト(7.7%)を合わせてネットを通じて出会ったと考えると、ネットを通じて出会ったのは16.1%となり、同じ会社に次いで第2位の結果となります。

結婚相手/交際相手以外にセックスする相手をセカンドパートナーとすると、セカンドパートナーとは同じ会社かネットを通じて出会うことが多いのですね。

実は私もセカンドパートナーがいたことがあるのですが、職場で出会ったこともありますし、ネットで出会ったこともあります。

当ブログの本記事では、ネット・アプリでのセカンドパートナーの作り方と注意点を解説します。

ちなみに、当記事では「セカンドパートナー」という言葉を使用していますが、セフレ、セックスフレンド、と同じような意味で使用しています。もちろん、セックスが無い親密な関係でもよいと思いますけど。既婚者の場合は、婚外恋愛の相手ともいえますね。

はじめに

セカンドパートナーを探すには、やはりネットやマッチングアプリを使うのがお勧めです。

別記事で社内でセカンドパートナーの作り方の記事を書きましたが、社内でセカンドパートナーを作るのはリスクが非常に高いので、やはりネット・マッチングアプリがお勧めです。

職場やリアルな友人関係の中で、セカンドパートナーを探している、と公言できませんよね。ネットやアプリであれば、匿名で登録ができるので、セカンドパートナーを探しているといえるし、同じ目的の人を見つけやすいです。

なお、本記事では、セカンドパートナーに関してお金の発生しない関係に限定して解説します。つまり、経済的な支援をするお付き合い、いわゆるパパ活とか愛人契約とか、そういうものは含めていません。

あくまでも、お互いに好意をもった互いに対等な関係のセカンドパートナーの作り方です。

経済的な支援をするセカンドパートナーやセフレを作るのは経済力さえあれば簡単ですが、それはいつかまた別記事で紹介したいと思います。

アプリ選び

さて、ネットを通じてセカンドパートナーを探すとして、どんなアプリを使えばよいかですね。あるいは出会い系サイトとも呼ばれます。

簡単な話です。

1)ワクワクメール
2)PCMAX

のいずれか、または両方にすればよいでしょう。

理由は簡単です。長年の運営実績があって登録者数が多いからです。

ネットでの出会いは、ある意味で確率です。登録者数が多い方が出会える可能性が高くなりますので、登録者数が多い上記の2つがお勧めです。他のアプリがダメというわけではありませんが、会員数という点でワクワクメールとPCMAXがお勧めですね。

アプリへの登録は簡単なので、アプリの指示に従えばよいだけです。

アプリへのリンクを貼っておくので、活用してみてください。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ちなみに、ワクワクメールもPCMAXも男性は有料になります。

女性にメッセージを送るのに約50円相当のポイントを消費します。

100回メッセージを送れば約5,000円ですね。100回もメッセージを送るころにはお相手は見つかるでしょうから、それほど高くはないと思いますし、試してみてダメだったとしても、それほどの損失ではないと思いませんか。

ちなみに、いわゆる「パパ活アプリ」と呼ばれている、paters(ペイターズ)、Sugar Daddy, paddy67などはお勧めしません。本記事では、経済的な支援を伴わないセカンドパートナーの作り方を紹介しているので、経済的な支援を前提とするパパ活アプリを使用する意味がありません。

注意すべき点

マッチングアプリ(出会い系サイト)で効率的にセカンドパートナーを探すためには、いくつか注意点があります。

プロフィールは偽るな

セカンドパートナーとして親しく付き合う相手を探しているのですから、プロフィールに嘘を書いてもいずれバレます。バレれば信頼を失うので、偽らない方がよいでしょう。

お付き合いしていれば、一緒に旅行に行ったりすれば、住所や年齢を記載することもあるでしょうし、予約するときに生年月日が必要になることもあります。

レンタカーを借りるときは運転免許証が必要になります。

こういう時に、生年月日や身分証を相手に見せられなかったり、預けられないような状況を作っては、信頼し合った関係を築くことはできません。

セカンドパートナーとはいえ、互いに信頼し合った関係を作る方が幸せですよね。

なので、マッチングアプリでセカンドパートナーを探すときには、セカンドパートナーを探していることを明記した方がよいです。既婚者であれば、既婚者であることを明示しましょう。そうしないと、セカンドパートナーに理解のない相手との無駄なメッセージのやり取りが発生してしまいます。男性の場合はポイント(お金)の無駄にもなりますね。

業者対策

男性がマッチングアプリを利用するにあたって、「業者」という厄介な存在があります。

マッチングアプリ内でデリヘルなどの営業活動を行っている業者が存在します。しかも、かなりの数です。アプリ(サイト)内で男性と会う日時、場所などの約束をして、契約しているデリヘル嬢を送迎するサービスを展開しているようです。なので、業者の場合、プロフィールは全くあてになりません。

業者が多数存在するので、女性のプロフィールがあてにならないことが多く、男性としてはプロフィールから候補となる女性を探すことが難しいのです。

ただ、業者の場合は、プロフィールが分かりやすいという特徴もあります。

やたらエロいプロフィールや写真を登録している女性は業者だと思った方がよいでしょう。

通常の常識感覚で考えれば分かることです。

マッチングアプリで男性との出会いを求めているからといって、不特定多数の男性が見るプロフィールに誰か分かるくらいはっきりした顔写真を載せたり、露出の高い服装の写真や、胸元を強調した写真を載せたり、エロ全開の自己紹介をする女性がいると思いますか?

いるわけないでしょう!

冷静になってください。

性的に魅力的な写真やプロフィールを見たり、エロ満載なメッセージをもらうと、冷静な判断をしにくいということは理解できます。

もしかしたら。。。なんて気持ちも理解できます。

ですが、冷静に常識感覚を働かせて第三者になったつもりで考えてください。

そんなわけないでしょう。

冷静に考えれば業者かどうかはプロフィールやメッセージの内容から確実に分かります。

なので、業者は鬱陶しい相手ではありますが、冷静に対処すれば騙されることはないので、業者を避けて素敵なセカンドパートナーを探しましょう。

ちなみに、私の場合、業者がたくさん存在し、女性のプロフィールはあてにならないので、自分から女性を探してメッセージを送ることはせずに、自分のプロフィールや日記などの投稿を見てメッセージをくれた女性だけを相手にして、セカンドパートナーを探しました。

パパ活女子

マッチングアプリ内には業者ではなくてもいわゆるパパ活女子もたくさんいます。

パパ活女子の場合、業者のように必ずしもエロ満載なプロフィールではないので、少し分かり難いです。

なので、自分のプロフィールに「パパ活女子はお断り」とか、「金銭の発生する関係は望んでいない」、ということを明記しておいて方がよいでしょう。

それでも、パパ活女子からお誘いのメッセージは来ますが、「お茶、お食事1~でどうですか?」というような内容ですので、無視するか、無料の定型のお断り返信をすばよいだけです。

風俗へのスカウト

主に女性への注意点です。

マッチングアプリで女性に近づいて、風俗で働かないかと斡旋する業者が存在します。

応じなけれ良いだけなので問題はないでしょうが、鬱陶しいし、気が滅入るということはありますね。

主にお金に困っているパパ活女子をターゲットにしているようなので、お金のやり取りなどをしないセカンドパートナーを探している女性の場合は、騙されることはないでしょう。

また、少しでも不審に思ったら会わない方がよいでしょう。

ヤリ目

こちらも、女性への注意点です。

マッチングアプリは匿名で登録できるので、女性と会って性的な関係を持ち、その後に音信不通になる人のことのようです。ヤリ目とかヤリ逃げとか呼ばれているようです。

アプリ内でメッセージのやり取りをしていれば、そういった単にヤリたいだけの男性は分かりますよね。

ヤリ目男性は、とにかくヤリたいので早く会おうとせかしますし、長く交際する意志がないので、相手への思いやりや配慮のないメッセージを送ってきます。

なので、アプリ内のやり取りで信頼ができないと思った男性とは会わないことです。

また、実際に会って信頼できると思うまでは、ラインやメールアドレスなどは教えないようにした方がよいです。

アプリ内のメッセージで、「ラインやメールを教えて欲しい」、と言われたら、「安全のために実際に会って信頼できる人だと分かるまでは個人的な連絡先は教えないようにしていますので、それまではアプリ内でお願いします。ご理解いただけると嬉しいです。」、などと応じることをお勧めします。

それに応じることができないような男性とはお付き合いしても信頼できないでしょうから、そういう男性とは会わない方がよいでしょう。

アプリ内でのメッセージは男性の場合は有料ですけど、10回メッセージのやり取りをしたとしても500円相当です。その程度をケチる男性をどう思います?

女性に安心感や信頼感を持ってもらうための配慮や多少の支出を嫌がる男性は信頼できないでしょう。

セカンドパートナーには、心にも経済的にも余裕のある男性を選びましょう。

男性は、女性に心にも経済的にも余裕のある男性であることを理解してもらえるように心がけましょう。

焦らないこと

マッチングアプリに登録して、メッセージのやりとりなどをしても、なかなか良い相手に出会えないことがあります。

というか、普通はすぐには出会えません。

たとえば、あなたの職場でお付き合いしたいなと思う異性はどれくらいいますか?

そんなに簡単にはいないでしょう。

それはマッチングアプリでも同様です。マッチングアプリだからといってすぐに出会えるものではありません。

出会いですのでタイミングや運の要素もあります。

なので、なかなか出会えないからといって焦らないことです。

そういうものです。

私の場合も、お付き合いする人に出会うのに運が良く1か月くらいで出会ったこともありますが、半年以上かかって出会った人もいます。

アプリに費やす時間は1日に10分程度ですむと思いますので、気楽に気長にセカンドパートナーを探すくらいの気持ちで続けることをお勧めします。

焦ると冷静な判断ができなくなりますので、おかしな業者に騙されやすくなりますよ。

そもそもセカンドパートナーって必須な存在でもないでしょう。

セカンドパートナー探しを楽しみながら気楽にいきましょう。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

コメント